テーマ:精神薬

精神の病は精神科の医者が直すものだという考えは間違っていると私は考えます。

 「DSM]と言う言葉をご存知ですか。これはアメリカの精神科診療基準だということで、これを見て精神科の医者は治療の教科書にしているということです。問題はこの「DSM]があてにならない存在だと言われている処にあります。  このお話は、次の本に書いてあります、是非ともご覧ください。この教科書の指導で精神科医は処方をしているのですから、薬の…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

[明日は我が身のボケ社会」と堂々というお医者さんは面白いし、素晴らしいです。

 このS医師は私のホームドクター!!!、 認知症なんて言ってるが、要するにボケですとはお笑いみたいな話です、ボケの人の家族に認知症ですと医者が説明したら、新たに認知症と言う病気が付け加わったと誤解されて困ったとまたまた大笑い。  私たち夫婦は「私が先にボケになる」、「俺が先になるよ」と順位争いです、先になった方が絶対に得ですから。あと…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

闘争宣言、結集しよう

 精神薬の薬漬けになっている日本の諸君、力を合わせてこの状態から脱出しよう、連帯すれば必ず勝てる、このことは全ての歴史が証明している。  世界中の諸君よ、結集しよう、必ず勝てる、力を合わせれば、絶対に勝てるよ。 庄ちゃんより、みんなに呼び掛けます。2013・2・20
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

薬漬けからの脱出へ挑戦する

 精神薬の減薬、脱薬に夫婦で挑戦し始めて、5年掛かったがほぼ脱出に成功したと言える。 これからは同じ環境の仲間の救出に全力を挙げたい。  これが私たちのライフワークになるでしょう。  ご理解、ご支援頂ける方々様、どうぞ応援、ご支援、声掛けをお願いいたします。  これに挑戦される方達の力で、A4サイズ1枚でよいからチラシというかビラ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

長年(22年)の難問に一筋の光明が…

 きのうブログで凄い発見をした。薬漬けからの減薬、脱薬の壮絶な格闘の物語である。  対象は精神薬ですが、よく読むとこれが恐ろしい現実で、貴方のすぐそばに迫っている危険物のお話です。グーグルの検索で「精神薬の減薬、脱薬、よっちゃんの脱薬、いちろうの脱薬」などとインプットして見て下さい。  精神科とか心療内科などといって、薬をやたらに出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

練馬区中村南の学田(ガクデン)公園での毎朝の体操について

 今朝7時過ぎにパソコンのK先生が体操の現場まで来てくれました、そして一緒にストレッチの体操(前半だけ)をやって呉れました。その方は相当体を鍛えておられる方ですが、「結構きついですね」と言っておられました。朝の7時から8時頃ですから、相当寒いのですが、体操を真剣にやると相当汗をかきます。  チャレンジ精神のある方、本物の健康状態になり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「内海聡先生の講演会」イン大阪を是非とも見て欲しい、精神薬の怖さがよく判ります。

 グーグル、You-Tube動画で「内海聡先生の講演会」2013,1,21が見えます、貴重な資料です、恐ろしい資料です、是非とも見て下さい。  真剣に真面目に見て下さい、この意見は真実と私は思います、皆さんはどう思いますか、どう考えますか。  精神科、心療内科などに掛っている人は今一度立ち止まって下さい、考えて下さい。  怖いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more