信頼できる報道機関は何だろうか

 昨今は情報が操作されている為に、国民は余程しっかりしないと、とんでもない世の中になりかねないと危惧します。
 自公サイドの1%の大富豪と大企業の為の政府の広報機関になり下がった、ほとんどの報道機関は、官製の
1%の産軍業界と大日本陸海空軍の代弁者、ヨイショ機関です。
 信頼できる報道機関は、新聞赤旗、週刊金曜日、ネットの中の「阿修羅、掲示板」、革新懇ニュース、九条の会会報、あたりが真面目であり、ついで一部の週刊誌、東京新聞、福島や沖縄の地方新聞(他にも沢山ある)辺りだろう。
 テレビは見てはいけない、一般の新聞もダメ、国民を洗脳します。馬鹿にします。99%の人を1%の人達の為の
犠牲者にします。
 そして、NHKの料金は支払いストップが正しい抵抗手段でしょう。
 多分、このままで行けば、戦争に突入するでしょう、アメリカ軍のポチになって、戦場の最先端に置かれるでしょう。産軍業界が日米双方でお腹を抱えて笑って喜ぶでしょう。可哀想なは日本国民やアメリカなどの下層階級ですね。安倍の阿呆についていくとこうなるでしょう、これが分からないほど日本人はバカだったのか、と悲しいです。
 抵抗する手段は、来月あたりの地方選挙でどこに票を入れるかによります。そして来年の参議院議員の選挙辺りでしょう。そこで私たちの真の姿を出さないと、もう御終いということになるのではと危惧します。
 そして、自公政権に反対する勢力の支援、署名運動、集会に参加、デモに参加しましょう。そこへ行けば身体が反応します、どちらが正しいかが体で判ります。行動しましょう。立ち上がりましょう。
 昔からよくあるのが、私一人くらいはどこへ誰に投票したって全体には影響しないわよ、という考えが嵩じて今の状況になっていることに気付いて下さい。
 自分の身は自分で守りましょう、貴方は1%の方ですか、99%の方ですか。99%は貧乏で馬鹿かもしれませんが、なんといっても数がいます、これが唯一の強みです。
 眼さえ開ければ良いのです。眼を開けましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yutchin
2015年03月15日 21:45
>ほとんどの報道機関は、官製の
1%の産軍業界と大日本陸海空軍の代弁者、ヨイショ機関です。
>テレビは見てはいけない、一般の新聞もダメ、国民を洗脳します。
>NHKの料金は支払いストップが正しい抵抗手段でしょう。
 多分、このままで行けば、戦争に突入するでしょう、アメリカ軍のポチになって、戦場の最先端に置かれるでしょう。

極論過ぎてついて行けません。
yutchin
2015年03月19日 09:56
次回の日記には、まず、
>ほとんどの報道機関は、官製の1%の産軍業界と大日本陸海空軍の代弁者、ヨイショ機関です。
について、具体的に、何故そのように断言できるのかについて説明していただけると、極論ではないんだなと読者に分かってもらえるものと思います。
是非、シリーズ化して、それぞれの論点を明確にしていって欲しいと思います。

この記事へのトラックバック