<おもろい話、その三>

⓵とっておきのバカみたいな、おもろい話です。  あれは、50歳ごろにたった一人で、女学生が着る、スクールコートの生産に携わっていたときです。ほとんど毎夜残業続き、酷いときは会社(日本橋)で徹夜で仕事をしながら、朝を迎えることもしばしばでした。通勤は小竹町ですから大した距離ではないのですが、深夜のタクシーでの帰りもしょっちゅうでした。当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more