<おもろい話、その三>

⓵とっておきのバカみたいな、おもろい話です。
 あれは、50歳ごろにたった一人で、女学生が着る、スクールコートの生産に携わっていたときです。ほとんど毎夜残業続き、酷いときは会社(日本橋)で徹夜で仕事をしながら、朝を迎えることもしばしばでした。通勤は小竹町ですから大した距離ではないのですが、深夜のタクシーでの帰りもしょっちゅうでした。当然寝不足です、ボーとしてます、気付け薬に精力剤を薬局で買い、すごく濃いコーヒーなどを飲みながら、頑張りました。
 気合が入ってるから、何とかなるのですが、ある日、なんか腹回りがごそごそするな、おかしいなと思ってまして、よく見たら、自分でもびっくりしたのですが、パジャマの上にズボンを履いていたのでした。
さすがにみっともないと考えてすぐに傍にあった買い物袋を持って、トイレの大の方に入り、パジャマを脱ぎ、袋にそっとしまって、机の下に隠しました。こんな経験はさすがに初めてです、幾らボケて居てもこれは無いよ、と自分に言いつつ、何とかごまかしました。
 多分これが最高の傑作でしょう、退職後に初めて人に話しました。大笑いでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック