正規、不正規労働者のお話

  非正規労働者とはなんでしょうか

  週刊金曜日に判りやすく興味深い記事がありましたので、紹介したいと思います。

  非正規労働者とは、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員、その他などを言います。

 正規は正社員のことで、それなりに身分が安定している社員のことです。以前はこれが当たり前でした。

 昨今は、特に女性の非正規労働者が多くなっています。いつでも首を切れる、便利な使い捨て労働者ということです。

 全日本で
正社員数     女性;1041万人、 43,8%  
非正規社員数      1338万人、 56,2%  
合計            2379万人、100,0%   

正社員数     男性;2286万人、 78,3%
非正規社員数       633万人、 21,7%
 合計           2919万人、100,0%

こうしてみると、女性の方が圧倒的に非正規社員が多いです。男女平等じゃないですね。
以前は、大半の人が正社員でした。例外的に学生などがアルバイトでしたね。
正社員化の努力をしなければ、生活が不安定で不幸です。改めましょう。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック